電子書籍・既刊

 

『ぜんまい仕掛けのマエストロジカ』
(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 

ノベラボグランプリ第1回最優秀賞受賞作品!

半永久機関・機戒(ロギカ)の普及により爆発的成長を遂げたアルデバラン王国。
妻を亡くしスラムでひっそりと暮らす男・リコの心を支えているのは、四年前に自宅の前で拾った子供、ビビの存在だった。

しかしある日の夕刻、リコの元に、王立調律院の精鋭である半機戒人(マエストロジカ)のカデンツァがやってくる。

「その女児は王立調律院の『所有物』だ」

ビビをまるでモノのように扱うその言葉に、激昂したリコがとった行動とは……。

 

「もっと詳しく知りたい!」という方はこちらへ。

Kindle / 楽天Kobo 他、各電子書籍ストアで販売中。

 

 

 

『ハロー・マイ・ロンリー・プラネット』
(impress QuickBooks)

 

ノベルジム大賞2014・リスペクトライトノベル賞(特別賞)受賞作!
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をモチーフにしたSFファンタジーです!脳波を制御することで人間を仮想空間へ誘う「共鳴型フルダイブデバイス」が普及した日本。
宇宙空間に自分の星を持って、その星を発展させるオンラインシミュレーションゲーム「cosmo vita」の世界には、まことしやかに囁かれているウワサがあった。
「このゲーム内には致命的なエラーが存在する。そのエラーに遭遇したユーザーの星はエラーに『呑み込まれて』、跡形もなく消えてしまう。そしてユーザー自身もその混沌に取り込まれ、二度と現実世界に戻ることができない」という。「ジョバンニ」というキャラネームを使う古参ユーザー、ハルカの星に、ある日見たことのない機関車型宇宙船が着陸した。
現れたのはカムパネルラと名乗る金髪の男。
彼は件のエラー、はじまりのおわり<フィーネ・クレアシオン>によって自分の星を『呑まれて』しまったのだという。
「もうすぐ君の元にもはじまりのおわり<フィーネ・クレアシオン>がやってくる。……君の星を守る為、俺と一緒に来ないか?」ジョバンニはカムパネルラと共に、宇宙船フェロヴィーアに乗り込む。
この宇宙の果てに眠るという、「絶対不可逆プログラム」によって、はじまりのおわり<フィーネ・クレアシオン>をデリートする為に。

 

もっと詳しく知りたい!という方はこちらへ。

Kindle / 楽天Kobo 他、各電子書籍ストアで販売中。

 

 

 

『星の涙にその手をのべて』
(あざれあ文庫)

 

光舞う丘での邂逅を切り取った「彗星列車」。
死ぬのを死ぬほど楽しみにしている少女の日常「死にたがり賛歌」。
殺したいくらい大好きで、それと同じくらい大嫌いだった親友への想いを描く「手のなるほうへ」。
『中生理』に揺れる女子高生二人の、友情と愛情に満ちた一日「転んで起きる星のもと」。
そして、冴えない小説家志望を包み込む夜明けの光景「全ての六等星に祈りを」。

美しい情景と共に『生きることへの絶対肯定』を描く――掌編、短編、中編を織り交ぜた作品集。

 

Kindle / 楽天Kobo にて販売中。